So-net無料ブログ作成
検索選択

RADWIMPS 新曲 五月の蝿 歌詞 意味 10/16  【閲覧注意】級の歌詞がグロすぎる!! [音楽]

スポンサードリンク

10/16 に発売される、人気ロックバンドRADWIMPSの
新曲「五月の蝿」の歌詞がグロいと話題を呼んでいますが、
この歌詞の真意は?意味は??
さぁ・・・・検証です。Z322005175.jpg


10/16に発売されるRADWIMPSの新曲

「五月の蝿 / ラストバージン」
4834dbb8-s.jpg

のうち、五月の蝿の歌詞がヤバいと話題になっていますが、
実際にまずは歌詞をご覧ください・・・・・。


【気分を害する恐れがありますのでご注意を・・・・】

****************************************************
五月の蝿

僕は君を許さないよ 何があっても許さないよ
君が襲われ 身ぐるみ剥がされ レイプされ ポイってされ 途方に暮れたとして
その横を満面の笑みで スキップしながら
鼻歌を口ずさむんだ
僕は君を許さない もう許さない もう許さないから

悲しみや憂いの影を 一つも宿さず かわいいと言われ慣れて 醜く腐ったその表情を
もうフォークを突きたてたいよ あぁしたい 死体になった君が見たい

お気に入り詳細を見る 己が醜さ恥じて しゃれこうべを垂れ
名前より先に「ごめんなさい」を口癖に 今日まで生きてきたのに馬鹿みたい

君を見てるとまるで 自分が世界一汚れなき人間に思えてきたりもするんですが
あいにくそんな遠回りせずとも僕は僕を大事にできるからもういらないよ

僕は君を許さないよ 何があっても許さないよ
通り魔に刺され 腸がこぼれ 血反吐を吐く君が 助けを求めたとして
ヘッドフォンで大好きな曲を聴きながらこぼれた腸でなわとびするんだ
僕は君を許さない もう許さない 許さないから

君の罪を裁く法律はない あぁなんて世界だ 代わりに僕が罰してあげましょう なんて言うかよ馬鹿
君にあげた僕の言葉 成仏せよ その体に解き放った 愛しの僕の精液を お願いよ 取り返したいよ
可哀想 可哀想で泣きそう

お気に入り詳細を見る 空が青いように 花が散るように 君が嫌い 他に説明は不可
君が主演の映画の中で僕はそう最凶最悪の悪役 激動の果てにやっと辿り着いた
僕にも出来た 絶対的な存在 こうやって人は生きてくんでしょう?
産まれて初めての宗教がキミ

僕は君を許さないよ 何があっても許さないよ
君が愛する我が子がいつか物心つくとこう言って喚き出すんだ

お母さん ねえ 何で私を産んだの
お母さんの子になんて産まれなきゃ良かった
お母さんの子になんて産まれなきゃ良かった
お母さんの子になんて産まれなきゃ良かった

そこへ僕が颯爽と現れて 両の手で彼女をそっと抱きしめるんだ

「君は何も悪くないよ 悪くない 悪くないから」

****************************************************



・・・・・・・・・・・・・・・

「野田洋次郎はどうしたんでしょう??」

と、思わず言ってしましそうになります・・・汗

ジャケットも気持ち悪いし・・・・・・。


確かにRADWIMPSの歌詞は独創的で世界観のある歌詞である事が多いですが、
今回の「五月の蝿」の歌詞に関しては、独創的と言うよりも猟奇的と言うか
明らかな怨念じみたものを感じざるおえません・・・・。


プライベートで何かあったんでしょうか?
会ったんだろうなと思うのが普通でしょうし、
もしあったとしたら、この歌詞が出てきても理解しようと思えば理解出来ます。

仮になかったとしたら、逆に素の状態でこの歌詞を書けることに恐怖を覚えますが・・・汗


映画だったら完全に「R18」ないし「R15」は間違いないですね。

しかし、物凄い歌詞ですね・・・・・・

個人的には正直「ちょっと」と思ってしまいますし、
カラオケでは歌いたくないなって思います。


皆さんはどう思われます??



スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。